羽田と北九州を結ぶスターフライヤーが失速

2006年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 羽田―北九州空港間を一日12往復する、わが国初のビジネスシャトル便として3月にデビューした新規航空会社、スターフライヤー(SFJ、北九州市)が早くも失速。就航当初の3月こそ74・1%と高い搭乗率を誇ったものの、以後は下降線をたどり、6月は48・5%とついに50%を割った。同社の損益分岐点は62・7%だけに、このままでは黒字はおぼつかない。 SFJの搭乗率は、4月に20ポイント近く急落の53・2%、5月は56・6%とやや持ち直したのも束の間、6月は再び大きく下落した。特に羽田発6時の早朝便の搭乗率は6月で17・1%、羽田着24時45分の深夜便も同25・8%にまで落ち込んだ。 既存航空会社の値下げ攻勢も厳しい。日航は北九州空港に隣接する福岡空港の羽田線を1日前予約で14000円台という破格の低料金を打ち出した。SFJの1日前予約(19800円)よりはるかに安い。なりふり構わぬ「新規」つぶしだ。SFJも ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。