阪急―阪神統合の舞台裏で三井住友銀行が「大金星」

2006年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 阪急ホールディングスと阪神電気鉄道の経営統合が決まった。阪神株買い占めの張本人、「村上ファンド」の村上世彰前代表との再三の交渉を含め、舞台裏を仕切ったのは阪神のメーンバンクである三井住友銀行だった。ところが、この三井住友の活躍が、三菱東京UFJ銀行の足元に飛び火した。 阪急のメーンバンクは、もとは旧三和銀行だったが、金融再編後は三井住友と三菱東京UFJが並行メーンとなっていた。ところが、一連の統合ドタバタ劇で三菱東京UFJはまったく出る幕がなかった。「阪急・阪神対応は三井住友の完全な独り勝ち。うちは旧行同士の足の引っ張り合いで何もできなかった」と同行幹部は悔しがる。とりわけ旧三和出身の幹部には「阪急の相談相手はわれわれ。かつてなら負けはしなかった」との思いが強い。 一方、関東系の旧三菱銀行は、関西の大手私鉄である近畿日本鉄道のメーンバンクの座 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。