光ファイバー貸出料めぐりNTTと総務省が化かし合い

2006年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 NTTの光ファイバー網の貸出料金をめぐって、総務省とNTTが化かし合いを演じている。事の発端は6月9日の日経新聞朝刊。「総務省はNTTの光ファイバー網を他の通信事業者に貸し出す際の利用料金(回線接続料)を大幅に引き下げる方向で検討に入った」と報じた。記事は算定方式の見直しにより「現在の半額近くになる可能性もある」と指摘。現在、家庭への引き込み線は1本あたり月額5074円だから、仮に半額なら2500円前後になる。 現行料金でさえ「実態は60%以上ディスカウントの出血大サービス」と訴えてきたNTTだけに、日経報道に過敏に反応。「総務省に確認したが『報道されたような事実はない』との回答を受けた。株価に大きな影響を及ぼす案件だけに大変遺憾」と火消しに躍起になった。NTT役員からは「日経の広告は全部切れ」と過激な文句が飛び出したという。 しかし、火のないところに煙は立たな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。