ソニーのプレステ広告「人種差別」と物議醸す

2006年8月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 ソニーの広告が「レイシズム(人種差別)を連想させる」と物議を醸し、インターネットで大騒ぎになっている。問題になったのは、ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(PSP)の白いセラミック製の新製品の広告で、主にオランダなどベネルクスの屋外大型ビルボードで展示されており、その写真はネットに載って世界中に広がった。 確かに、ヘソだしルックの白服のグラマラスな白人女性が、おとなしそうな黒人女性の顎をつかんでいる図柄は、どこか植民地時代を思わせる。白人女性が女豹のような猛々しい顔立ちだけに、「PSPに白きたる」というキャッチフレーズも手伝って恫喝風。 日本のネット掲示板「2ちゃんねる」などで非難囂々となったが、7月6日未明には宣伝用のサイトが急遽差し替えられたようだ。しかし、欧州のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のスポークスマンは「白と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。