編集後記

2006年8月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 ペテルブルク(現サンクトペテルブルク)の夏には遭遇したことがない。が、常にデジャヴュ(既視感)にとらわれる。そらんじた文章があるからだ。「7月の初め、方図もなく暑い時分の夕方ちかく、ひとりの青年が、借家人から又借りしているS横町の小部屋から通りへ出て、なんとなく思いきりわるそうにのろのろと、K橋のほうへ足を向けた」 滔々たるネヴァ河畔の雑踏を夢魔のように彷徨するのは、『罪と罰』のロジオン・ラスコーリニコフである。 ▼今年は7月15~17日、先進8カ国(G8)のサミット(首脳会議)がここで開かれた。9月に自民党総裁の任期が切れる小泉純一郎首相にとっては「最後の花道」。が、儀典化したサミットに私はさんざん付き合ったから、今さら感慨もない。私にとってペテルブルクは、あくまでも痙攣したような表情でほっつき歩く「ラスコーリニコフの都」である。自らをナポレオ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。