村上ファンド「投資家リスト」

小泉改革を丸ごと否定しかねない。政治家や経営者ら31人の名に「魔女狩り」が始まる予感……。

2006年8月号 DEEP [ザ・スクープ]

  • はてなブックマークに追加

 昨年2月に89歳で死んだ『セールスマンの死』の劇作家アーサー・ミラーは、1950年代に吹き荒れた「赤狩り」の犠牲者だった。マッカーシー委員会の審問でも密告の強要に屈さず、1年間服役している。その彼に惚れて、56年に電撃結婚したのがマリリン・モンローである。 きっかけは53年に発表された戯曲『クルーシブル』(邦題「るつぼ」)だった。独立戦争前の17世紀、マサチューセッツ州セイラム村で実際に起きた「魔女狩り」を材にとっている。拷問のあげく、従容として死を選んだ主人公の農夫の妻は、戯曲の終幕でこんな台詞を吐く。「罪を認めるか、認めないかを言うまで、彼らは夫の胸に重石を載せました。2語でこたえろと命じたわ。『もっと重石を』(More weight)。夫はそう言って死にました」 節を曲げないこの志操に、マリリンはあこがれたのだろう。「魔女狩り」は今も昔も変わらない。迷信 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。