三井住友銀行 専務執行役員 宿沢 広朗氏

悲運のホイッスル

2006年8月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

「宿沢広朗という楕円球は今、着地の瞬間に大きく不規則バウンドして消えてしまい、そこでノーサイドの笛が吹かれてしまいました」。絶句した。6月22日、築地本願寺。葬儀委員長の奥正之・三井住友銀行頭取は、弔辞の半ばで涙にむせんだ。 55歳の早すぎる死。前夜も遅くまで仕事し、早朝に「行ってくるよ」と妻に告げて群馬県の赤城山に登山した。下山途中、心筋梗塞で倒れ、帰らぬ人となった。 伝説のラガーマンだった。早大時代もスタープレーヤーだったが、それ以上にラグビーの全日本監督として1989年5月、伝統のスコットランドを28対24で下した。日本のラグビー史に彼の名を刻んだ一戦だった。訃報を聞いた清宮克幸サントリー・サンゴリアス・ラグビー部監督は言う。「プレーヤーとしてもさることながら、日本代表の監督も務められるなど、宿沢さんは誇れるOBでした」 プレーヤーよりも監督――バ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。