宝の山の「水谷建設」摘発検察の矛先は「福島疑惑」へ

2006年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 東京地検特捜部が7月8日、三重県の中堅ゼネコン「水谷建設」の役員らを法人税約2億3千万円の脱税容疑で逮捕した。同社に対しては、1年半以上にわたって内偵が続いていた。「福島での原発利権、北朝鮮への投資とリベート、中央政界への資金提供などの疑惑が浮かんでいる。特捜部はなかでも有力な協力者を得た“福島事件”の立件に自信を深めている」と検察関係者は明かす。 関係者によると、福島事件とは佐藤栄佐久県知事の弟が経営する「郡山三東スーツ」の土地を水谷建設が購入した際、実質的に知事側への資金提供があったのではないかという疑惑。資金提供は東京電力の原発立地に絡んだものと言われている。 脱税事件の立件には、「溜まり」と呼ばれる隠し所得の使途を確認するための捜査が必要。特捜部は関係先として、弟の自宅や三東スーツ本社などを相次いで家宅捜索した。 さらに、水谷建設に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。