退官前の国交省事務次官が参院選出馬の挨拶回り

2006年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 国土交通省の中堅幹部が嘆く。「うちのトップの時代感覚はずれている。現役の事務次官が、来年の参院選挙出馬の挨拶回りをするなんて……」 国交省はいま、監督業界の不祥事続きに頭を抱えている。マンション建築の強度計算を偽装した姉歯事件。死亡事故を起こしたシンドラー社製の欠陥エレベーター問題。さらに防衛施設庁や地方自治体を舞台とした談合事件の続発。国交省の監督責任が問われる由々しき事態だ。 国交省は不祥事を起こした業界や企業に容赦のない処分を下すが、役所自らの責任については口を濁すばかりだ。それどころか、事務方の最高責任者である佐藤信秋事務次官(昭和47年入省、京大院工卒)は7月の退官前に、来夏の参院選に与党公認候補として出馬する考えを自民党に報告。6月下旬からゼネコンなどを挨拶回り、事実上の票の取りまとめを要請した模様。「業界をバックにした役人の政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。