電通「社長交代」へ暗闘の火ぶた

インサイダー疑惑で幹部が任意で聴取された?それを奇貨として成田最高顧問が裏で糸を引く。

2006年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 広告界最大手、電通の内部で次期社長をめぐる権力抗争が始まった。「火をつけたのはFACTA問題」と社内で言われている。インターネットや携帯電話の広告戦略として電通が進める業務・資本提携の過程で、相手先の株価が発表前に不自然な急騰をみせたインサイダー(内部者)取引疑惑は、本誌5、6月号で報じた通りだが、それがきっかけとされるのは光栄なことである。 だが、ほんとうの火つけ役は、ほかでもない証券取引等監視委員会(日本版SEC)だ。東京証券取引所の売買審査部門とともに、証取委特別調査課は、本誌の指摘したオプト、ネットプライス、サイバーエージェント株の売買履歴を洗い、提携発表前にこれらの株を売買した電通関係者のものとみられる「怪しい口座」を多数突き止めた模様である。 6月半ば、投資案件の決定機関になっている電通投資委員会の主宰者、高嶋達佳副社長が、証取委か ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。