「福田不出馬」のカタストロフ

安倍vs.麻生、谷垣では擬似総裁選どころか、茶番にもならない。自民党にとって破局への第一歩……。

2006年8月号 POLITICS [サプライズ]

  • はてなブックマークに追加

 8月のお盆明けまで一時休戦ムードの「ポスト小泉」政局は、北朝鮮のミサイル連射で一気に緊迫した。 その1週間前、小泉純一郎首相は訪問先のワシントンで、ブッシュ米大統領から「北朝鮮はテポドンを撃つかもしれない」と警告されたが、周囲に「ブッシュはああ言ったけど、俺は北朝鮮は撃たないと思う」と漏らしていた。「直感」という名の根拠なき楽観には恐れ入るしかないが、それくらい能天気でなければ、米メディアも呆れたプレスリーの物マネという醜態をさらすはずもないだろう。もっとも小泉は「自分はついている。プレスリーの旧宅に行った時に撃たれていたら、格好悪かった」とうそぶく有り様で、悪びれるふうもない。 対照的に、株を上げたのは安倍晋三官房長官だ。安倍は6月半ばからミサイル発射の可能性を記者会見で繰り返し警告し、米政権中枢とも頻繁に電話で情報交換を重ねていた。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。