小沢代表が大企業行脚財界票が民主党に流れる?

2006年8月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 民主党の小沢一郎代表が財界の主要企業を訪れ、来年夏の参議院選挙の応援を要請している。日本経団連が参議院選挙に自民党から財界代表を出馬することを見送ったことで主要企業が動きやすくなったためだ。また、経団連会長が奥田碩トヨタ自動車取締役相談役から御手洗冨士男キヤノン会長に交代したことで「トヨタは会員企業に対するグリップが強かったが、キヤノンではグリップが利かない。経団連が自民党支持を打ち出しても従わない企業が出てくる、と小沢さんは読んでいる」と財界筋は見ている。 事実、これまで選挙に協力的ではなかった御手洗氏に奥田氏のような締めつけができるはずがない。小沢氏は自民党時代から主要企業にパイプを持っており、軸のぶれない小沢ファンの経営者も多い。経団連の自民票が民主党に流れる事態が予想される。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。