ミタルに敗れたロシアの「白馬の騎士」

3兆9000億円逆転買収劇の裏に、英米ヘッジファンドの影が浮かぶ。

2006年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 総額268億ユーロ(約3兆9千億円)――天文学的な巨額買収が実現した。インド人鉄鋼王ラクシュミ・ミタル会長が一代で築き上げた世界最大の鉄鋼メーカー「ミタル・スチール」(本拠はオランダ)が、世界第2位の「アルセロール」(本拠地ルクセンブルク)を呑みこみ、「アルセロール・ミタル」が誕生することが決まったのだ。その瞬間、ロシアの「白馬の騎士」は“失恋”の悲哀を嘗めさせられた。世界12位のロシア鉄鋼大手セベルスターリである。 その1カ月前の5月26日は立場がまったく逆だった。“成り上がり”ミタルのTOB(株式公開買い付け)に反感を隠さないアルセロールのギー・ドレCEO(最高経営責任者)は、セベルスターリとの合併提案を発表、これでミタルの買収を阻めると鼻高々だったのだ。 救世主だったセベルスターリのアレクセイ・モルダショフCEOも同じ思いだった。計画発表の直前、黒海沿岸 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。