クレディ・スイス「水と油」の終焉

銀行と保険を兼ねる「バンカシュアランス」は部門間のいがみ合いに終始。ついに諦めるまでの茨の道。

2006年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 欧州金融界の誰もがその巨額に目をみはった。総額123億スイスフラン、邦貨にして1兆1500億円という売却である。 スイスに本拠を置く国際金融グループ「クレディ・スイス」が6月14日、保険事業部門ウインタートウルを、フランスの大手保険会社アクサに売却することで合意した。が、この売却は、金額以上にクレディ・スイスにとっても、金融界にとっても、一つの時代の終焉――「バンカシュアランス(銀行保険兼業)」の終焉を意味していたのだ。 クレディ・スイスは1990年代、ルーカス・ミューレマン元会長兼CEO(最高経営責任者)の強力なリーダーシップのもとで総合金融路線をひた走った。97年にはウインタートウルと合併、当時もてはやされた「バンカシュアランス」へと突き進んだのである。そのウインタートウルを切り売りするのだから、クレディ・スイスが保険事業から撤退することを意味する。ミ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。