米欧取引所「合従連衡」に東証乗り遅れ

米国を脱出し、欧州との連合で活路を探す新潮流。うかうかしていると日本も餌食。

2006年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 つい最近、ロンドンの金融街シティやニューヨークのウォール街で交わされる内輪の会話に頻出するのが「グレイフェルド」という名だ。「おい、グレイフェルドがシンガポール取引所との提携に関心を示しているんだってさ」「いやいや、グレイフェルドは、英国ヘッジファンドのTCI(ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド)から大阪証券取引所の株式を購入するらしいぞ」 グレイフェルドとは人名である。米国店頭市場ナスダックを運営する「ナスダック・ストック・マーケット」のロバート・グレイフェルド最高経営責任者(CEO)のこと。 185センチを超える長身に鋭い眼光。私設電子証券取引所(ECN)を運営していた金融システム会社の副社長から2003年にナスダックにスカウトされた。市場運営者というよりビジネスマンだ。「24時間眠らない市場」――時差の異なる国々からなる取引所連合を再度め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。