勝算ありや次世代日の丸飛行機

勇躍、小型機市場へ殴り込む。経産省、三菱重工らの鼻息は荒い。

2006年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 自動車、家電などで世界をリードしてきたモノ作りニッポン。しかし、日本の製造業が世界の後塵を拝しているのが航空機産業だ。戦時中に零戦、1960年代に国産旅客機「YS11」開発の歴史があるが、「次世代の日の丸飛行機」は悲願ともいえる。「再チャレンジ」の官民プロジェクトがそろりと動き出した。「なんとしても実現させる! パッション(熱意)だ」――。 少子高齢化社会を迎えた日本が今後も成長していく処方箋として、新経済成長戦略をまとめた経済産業省は、「日の丸飛行機」の製造を「パッション」と言い切る。 新経済成長戦略は、柱の一つに「世界をリードする新産業の創出」を盛り込み、具体的には「次世代環境航空機などの研究開発」と記した。 書きぶりは目立たない。だが、経産省と、機体やエンジンの製造メーカーである三菱重工業、川崎重工業、石川島播磨重工業などの鼻息は荒い。  ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。