佐治 信忠氏 サントリー会長兼社長

受け継いだ社会貢献の「DNA」

2006年8月号 連載 [経営者のひきだし 第4回]

  • はてなブックマークに追加

「やってみなはれ。やってみな、わかりまへんやろ」 サントリーの前身「鳥井商店」を大阪に開業した鳥井信治郎さんの言葉だ。チャレンジ精神。それは、企業の持続に不可欠な活力であり、貴重な文化と言える。 どの世界にも、変えなければいけないものと、変えてはいけないものがあるが、変革への挑戦にはタフさが必要だ。だが、いま、世間に「改革疲れ」なる言葉があふれ始めた。 もし、ここで改革の歩みを止めると、何が起きるか。前例踏襲に閉じこもる「悪しき官僚主義」の横行。事なかれ主義とも言う。そんな大企業病の芽をたたきつぶすことも、経営者の最重要事項。そこに意を尽くし続けているのが、この人だ。 佐治信忠さん。 鳥井・佐治一族の第3世代、サントリーの4代目社長(会長兼務)。その佐治さんが、社員に繰り返し言っているのが「現場を回れ」「走りながら考えろ」だ。生まれた造語 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。