好事魔多し「井上ダイキン」

関西財界のトップの座は目前。巨額買収で「社格」もつけたが、いかんせん後継がいない。

2006年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 好事魔多し、という。いまのダイキン工業がそうかもしれない。国内の空調トップメーカーで、ウェブサイトにはやたらと威勢のいい財務データが並んでいる。「1994年度から12年連続連結経常増益。12年間で連結売上高は2・1倍の7929億円、経常利益は491倍の687億円」 不思議なことに、ほとんどが94年度との比較だ。それもそのはず、ダイキン「中興の祖」と社内で崇められる井上礼之会長が社長に就任したのが94年6月。それ以来、経営トップに君臨してきたが、確かに借金や不採算部門が多い企業体質をリストラによって「筋肉質」に変えたことは井上氏の実績である。 好業績だけではない。戦略的にも大胆な一歩を踏みだした。今年5月、マレーシアのコングロマリットであるホンレオン・グループ傘下の「OYLインダストリーズ」を2320億円で買収すると発表したのだ。買収金額は経常利益の約3・4倍である。連 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。