「キヨスク」が名称変更経営改革迫るJR東日本

2006年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 JR東日本は、民営化20周年に当たる来年、駅売店「キヨスク」の名称変更を予定している。最大の理由は、キヨスクのイメージ低下と販売不振にある。キヨスクの対面販売が女性や若者のニーズに合わず、これまでの主要顧客だった中高年男性の購売も年々、減少しているからだ。 現に、キヨスクの「売れ筋3品」であるタバコ、雑誌、新聞の販売額は減る一方であり、キヨスクの売上高は15年前に比べ6割も減少しているという。JR東日本は、一部の駅でキヨスクに代えてコンビニの「ニューデイズ」を展開しているが、今後、さらに店舗数を増やし、3年後にはキヨスクの売上高を上回ることを目標にする。 名称変更のもう一つの狙いは、キヨスクの経営改革。いまだに労働組合が隠然たる力を持つ、鉄道弘済会を前身とするキヨスクの人件費削減を迫る考えだ。JR東日本の子会社である東日本キヨスクがキヨスク各店にP ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。