中国大使館に睨まれた電通のテレビCM契約

2006年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 電通が中国大使館から睨まれている。事の発端は、電通と中国国営漢方薬メーカーの日本法人とのテレビCM契約。電通がCMに採用した韓国人タレントが、過去に交通事故で轢き逃げをしたり(所属事務所は「轢き逃げではなく、和解済み」と弁明)、日の丸を焼くなどの反日活動を行ったことなどが、インターネットを通じて広まっており、CMを見た視聴者などから中国国営漢方薬メーカーの日本法人や中国大使館に嫌がらせのメールや電話が相次いでいるという。 電通はプレゼンテーションの時に、タレントの過去の問題に一切触れずに、現在「韓国観光広報大使」を務めていることだけを強調したという。漢方薬メーカーの抗議にも「タレントの過去の問題について情報開示する法的義務はない」と突っぱねているという。 問題のCMはすでに放映を打ち切っており、漢方薬メーカーは大きな損失を被ったが、電通の担当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。