「船頭」多すぎたサーバー型放送

規格化に手間どり、気がつけば安いHDDレコーダーに歯がたたず。

2006年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 昨日までの夢の技術が、一夜明けたら色あせてみえる。そんな例はよくある。「通信と放送の融合」に対する放送業界の一つの解答である「サーバー型放送」も、規格化が遅れに遅れたあげく、時代遅れになりかけていると言えよう。 サーバー型放送とは、地上波デジタル放送と、ブロードバンド(広帯域)によるインターネット配信の二つの伝送ルートから送られてくる放送番組を、専用のハードディスク(HDD)レコーダー内蔵型テレビで視聴するという、新しい放送サービスのことだ。 HDDに番組を記憶・蓄積しておいて、放送終了後も「いつでもニュース映像が見られる」「生中継のダイジェストが楽しめる」「番組をチャプターごとに視聴できる」「教育番組のデジタル教材に使える」と、いかにも便利そうに聞こえる。 が、「待てよ」と声がかかるだろう。高性能化したVTR内蔵型テレビと大差ないではないか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。