野村「ネット証券」の大誤算

遅かりし参入、出足で躓いたジョインベスト証券。野村証券営業部隊も「内なる敵」だった。

2006年8月号 BUSINESS [ITフロンティア]

  • はてなブックマークに追加

 野村グループが満を持して開業したインターネット取引専業の「ジョインベスト証券」が、早くも崖っぷちに立たされている。5月14日に口座開設の受け付けを開始して2カ月余、華々しいスタートの割には口座数も売買高もトホホな数字なのだ。「あの野村なら何か特別なことをやるに違いない」と当初は警戒していたネット専業他社も、「なあんだ」とすっかり肩の力が抜けてしまった。 目標は高かった。来年3月までに50万の新規口座を獲得し、開業2年目の2008年3月期に黒字転換する――ジョインベストの福井正樹社長(48)が掲げた経営目標である。達成可能かどうかは、7月7日発表の6月末の口座数や売買高で察しがつくだろう、と業界は注目していた。 結果は4万156口座。5月の半月分を差し引くと、6月単月の口座獲得数は1万8756口座で、松井証券や楽天証券を上回り、ネット専業最大手であるSBIイー・トレード ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。