中央銀行総裁の十字架

村上ファンド出資で傷ついた福井日銀総裁の外堀は埋まった。「ゼロ金利解除」のあとに何が待つ?

2006年8月号 COVER STORY [水脈ウォッチャー]

  • はてなブックマークに追加

 前日の北朝鮮のミサイル発射に国民の耳目がくぎ付けにされた7月6日。日銀本店で支店長会議が開かれ、景気の好調ぶりを再確認した。7月13、14日の金融政策決定会合での「ゼロ金利解除」の露払いの場――本来そんな会議のはずが、さっぱり高揚感が生まれない。「総裁は相当疲れているな……」 そう思いつつ、支店長たちは会議場をあとにした。言わず語らずだが、誰もが「外堀は埋まったのか」と感じていた。日銀悲願の「ゼロ金利解除」とともに、「職責を果たした」あとの福井俊彦総裁の進退も。 中央銀行総裁のクレディビリティー(信認)が、これほど揺らいだ時期を知らない。セントラルバンカーとして内外で評価の高い福井総裁だけに、インサイダー(内部者)取引で逮捕された村上世彰氏のファンドへの出資は衝撃だった。 市場を美人投票にたとえた経済学者J・M・ケインズが言うように、通貨を支える ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。