編集後記

2006年7月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 古代ギリシャには陶片追放(オストラシズム)という「村八分」制度があった。都市から排除したい人の名を陶片(オストラコン)に記す秘密投票制度で、一定数に達すると追放されたという。それを聞くたびにユダヤ教会の破門状を思いだす。今から350年前の1656年7月27日、一人の青年に布告された。 ▼「彼は昼に呪われてあるべし、夜に呪われてあるべし。寝るときに呪われてあるべし、起きるときに呪われてあるべし。出て行くときに呪われてあるべし、帰り来たれるときに呪われてあるべし。主は許さんとはなしたまわないであろう。主の怒りと憤りはこの者に燃えあがり、掟の書に記されているいっさいの呪いをこの者に投げたまわん。主は彼の名を太陽の下から滅せられん。(中略)何人も口にも書にも彼と交わることなかれ、何人も彼に好意を示すことなかれ」 ▼奇しくも破門の前日、50歳の画家レンブラン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。