村上ファンドの「原罪」

「モノ言う株主」とは別の顔がある。中古車販売のジャック株、平成電電のドリテク株ではあざとすぎた。

2006年7月号 DEEP [ザ・スクープ]

  • はてなブックマークに追加

 東京証券取引所の記者会見室は狭い。むせるような熱気のなかで村上世彰は冗舌だった。「聞いちゃった」発言は歴史に残るだろう。「ライブドアがどこまで買うか、私には関心がなかった。でも、その話(堀江貴文社長、宮内亮治取締役がニッポン放送の経営権を欲しがっていること)を聞いちゃったんでしょ、というわけです。聞いてしまったことが証券取引法167条にかかるのだろうかと考えてみた」「私の方から、検事さんのおっしゃる通りかもしれないと話した。プロ中のプロとして認識が甘かった点については、私自身が罪を認め、それを甘んじて受けるのが、私がやるべきことと判断した。(中略)そうしないと自分の生き方に反する」 千慮の一失──彼はそう見せたかったのだろう。だが、自らを擬した「モノ言う株主」とは、彼のいくつもあった顔の一つにすぎない。 かつて「モノ言う株主」とは、仕手、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。