何をいまさら「五輪」招致

東京も福岡も我田引水。血税による「岸体育館」再開発構想まで浮上。

2006年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 10年先の夏季オリンピックの招致をめぐり、東京都と福岡市が角を突き合わせている。下馬評では東京都が国際的知名度や財政力から大きくリードしているが、背後に隠された動機はアマチュアスポーツの選手らが上京時、安く利用できる宿泊施設の建設にある。対する福岡市も博多湾人工島開発という失政の尻拭いだが、臨海部問題の後始末という点では東京都も似たり寄ったり。「今さら五輪の時代か」という国民各界のシラケムードの中で、動機の不純さでは東京都が福岡市より悪質だ。

スポーツ界への利益誘導

 東京都渋谷区神南1丁目。JR山手線が原宿駅を過ぎて渋谷駅へ南下する右手に「岸体育館」と書かれた白亜のビルが見える。わが国アマチュアスポーツの総本山、岸記念体育会館だ。柔道家・嘉納治五郎氏の後を継いで大日本体育協会(現日本体育協会=体協)の二代目会長やIOC(国際オリンピック委員会)委員を務めた岸清一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。