三菱商事元社長 三村 庸平氏

「日米摩擦」で真骨頂

2006年7月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

寡黙だが上品さが漂う三菱紳士だった。商社マンとして戦後復興から高度経済成長に貢献、社長、会長時代には日米貿易摩擦への対応に追われた。まさに戦後の日本経済の生き証人だった。 昭和15年三菱商事に入社以来、一貫して水産畑を歩んだ。四方を海に囲まれた日本は漁業王国ゆえに水産部は稼ぎ頭。商社の中でも同社の水産部は群を抜いていた。三村に部下として仕えた槙原稔(元社長)は「芯が強く、常に斬新で大胆なことを考えていた異色のビジネスマンだった」と、その先見性と実行力に畏敬の念を抱いていた。昭和30年代は水産物といえば缶詰が主流だったが、三村は魚を冷凍にして取引を始めた。また、シアトル支店に勤務している時、日本へ輸出している鮭の缶詰を英国へも輸出した。今ならめずらしくも何ともないが、第三国輸出のはしりだった。 昭和55年、社長に就任するや基礎収益力の強化を真っ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。