奥田路線否定報道に困惑「靖国」で御手洗経団連

2006年7月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 御手洗冨士夫氏が日本経団連会長に就任して1カ月。同氏周辺に「困惑」が広がっている。発端は、小泉首相の靖国神社参拝に関する一部の報道。奥田碩・前経団連会長は首相に参拝を控えるよう注文したが、御手洗氏は「それは政治が決めることだ」と語った。これは奥田路線の否定で、両者は全く逆の姿勢だ──という内容だった。 御手洗氏の真意は「政府、自民党には統一見解がなく、政治家は個々の考えで行動している。小泉さんも個人の信条で参拝しており、首相はどうあるべきかは政治が判断することだ」とし、私的な参拝については留保している。 奥田氏も日中関係に配慮して注文はつけたが、昨年10月に首相がスーツ姿で拝殿から賽銭を投じた時は「国内外の諸情勢や国際関係を慎重に配慮され、私的に参拝されたと理解している」とコメント。私的参拝までは否定しなかった。両者の考えは同じではないが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。