嘆かわしきオペラの殿堂「新国立」

初の外国人監督が大誤算。あの佐藤しのぶに不評の嵐。

2006年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 日本の舞台芸術の殿堂、新国立劇場(東京・渋谷区)が、来年の開館10周年を前に苦境に立たされている。肝心のオペラのチケットがさっぱり売れないのだ。問題の根は、日本人のオペラ鑑賞のあり方につながるだけに、関係者は頭を抱えている。「新国立劇場が身売りを検討しているらしい」。昨年秋ごろ、国内オペラ団体幹部の間で、まことしやかな憶測が飛び交った。だが、それはあながち「悪い冗談」でもなかった。およそ半年前から、オペラ公演のチケットの売れ行きが目に見えて落ちていたからだ。なかでも昨年5月末から6回上演された「楽聖」ベートーヴェン唯一のオペラ「フィデリオ」の有料入場者率は、なんと60・3%。「新作の日本語オペラを除けば記憶にない」(劇場関係者)ほどの低水準で、オペラ業界の関係者の間では「本来なら集客を見込める『プレミエ』(新国立で初めて上演される演目)でこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。