細川護煕「心の命ずるままに」

2006年7月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第3回]

  • はてなブックマークに追加

「政治コラムニスト」なのだから、そろそろ政治の話を、と編集者がこだわる。最初の芭蕉の話も、前回の八木重吉も、政治の話を避けようと思って書いたわけではない。いまの政治に欠けているのは、あのような「感動」ではないか、と考えているので、やや言い訳めいてくるが、政治への反語のつもりなのだ。政治を直截に表現するのは、いかにも品格に欠けるようで気がすすまない。 そんなことを考えているときに、細川護煕さんに会った。陶芸家細川さんの個展を見に行って、会った。向かい合って二人だけで会ったのは総理になる直前だったから、13年ぶりということになる。中学生ぐらいのときに少しばかり好きだった同級生の女の子に、成人してから会ったときのような、何とも言えない懐かしさだった。「すっかりごぶさたしました」「こちらこそ。政治の関係の方とはほとんどお会いしていなくて」 口を少 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。