知られざる才幹「福田康夫」

小泉批判はこぞって福田支持に向かっている。「安倍優勢」でも政権を獲る道は二つある。

2006年7月号 POLITICS [キーパーソン]

  • はてなブックマークに追加

 政府が出した重要法案をいくつも放ったらかしたまま、小泉純一郎首相の意向で通常国会は会期通り終わってしまった。与党幹部らは「総裁選に向けて福田康夫・元官房長官の支持率が急増してきたので、早く国会を閉じて安倍晋三官房長官が自由に動けるようにしたかったんだろう」と呆れる。首相が「下種の勘繰りだ」と打ち消しても、それが政界全体の心証だ。

黙す福田、安倍を走らす

 贔屓の引き倒しで安倍氏は「ミニ小泉」の色が強くなりすぎた。ライブドアに続いて村上ファンドも転落し、小泉改革への反省ムードは高まる一方。世論の批判はこぞって福田支持に集まっている。焦りもあるのだろう、6月初めに国会が延長なしで閉じると決まった途端、安倍氏は猛然と週末のテレビに出演し始めた。 同じ頃、福田氏はニュージーランドを訪問。ゴールデンウイークは中東、その後に訪米、そして今後も欧州、アジアなど外遊予定が目 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。