胡錦涛―共青団人脈が地方からじわり中央包囲

2006年7月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 中国の胡錦涛党総書記・国家主席がその権力基盤としてきた共青団(共産主義青年団)系の人脈が、地方において主要ポストを占めつつある。中国では来年の共産党第17全大会を前に中央、地方を問わず党・政府人事の刷新が行われつつあるが、胡主席の意を受けた「地方から中央への包囲」という権力掌握戦略は着々と進んでいるといえそうだ。 前回の全国的な党・政府人事刷新は江沢民前主席の影響力が濃厚だった第16全大会を控えた2002年に行われたが、それから4年を経て中国全土のうち31の省、市、自治区の主要ポストを眺めると、実に3分の1が共青団人脈に握られていることが明らかになった。例えば地方党委員会書記のレベルでいえば、遼寧省党委員会書記の李克強氏など共青団系の10人がこの4年の間に任命されている。省・市・自治区首長でいえば上海市長の韓正氏、福建省省長の黄小晶氏など同じく10人の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。