「影の米大統領」チェイニー危うし

「片腕」リビー前補佐官の情報漏洩では、あのアーミテージ前国務副長官も”敵”とか。

2006年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 かつてアメリカの副大統領といえば、お飾りの代名詞だった。大統領が暗殺や病魔に倒れたとき――J・F・ケネディのときのリンドン・ジョンソン、F・D・ルーズベルト大統領のときのハリー・トルーマンのように、一朝ことあれば権力の頂点に立つのだが、ワシントン政界ではおおむね影の薄い存在だった。 その面目を一新したのが、現在のディック・チェイニー副大統領だろう。第1期、第2期ブッシュ政権で「影の米大統領」と言われるほど強烈な個性と圧倒的なパワーを発揮し、外交、国防、エネルギーなどでワシントン政界を支配してきた。 が、イラク侵攻の泥沼化でジョージ・ブッシュ大統領の支持率が「危険水準」を超えて低迷、イラクへの武力行使を強行したネオコンの巨頭でもあるこの「影の大統領」も、窮地に立たされている。その象徴といえるのが、チェイニー氏の片腕だったルイス・リビー前副大統領 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。