米ロ「新冷戦」に潜む暗闘

ネオコンは独ロ枢軸の分断を画策したが、対イラン直接交渉の「グランド・バーゲン」の前では遠吠え。

2006年7月号 GLOBAL [パワーゲーム]

  • はてなブックマークに追加

 5月4日、バルト三国の一つリトアニアの首都ビリニュスで、アメリカのディック・チェイニー副大統領が極めて異例の演説を行った。副大統領は国際会議(リトアニアとポーランドの両大統領が共同議長)に出席するため同国を訪れたのだが、ロシアのウラジミール・プーチン大統領の国内政策と対外政策を激烈な口調で批判したのだ。 プーチン政権は、国内の民主化を著しく後退させ、豊富なエネルギー資源を外交上の武器にして近隣諸国を威圧している……と。 翌日付のロシア有力紙コメルサントの記事は世界を震撼させた。チェイニーのビリニュス演説は、米ソ冷戦の開始を告げたチャーチル「鉄のカーテン」演説の再来か、というのだ。第二次大戦が終わって間もない1946年、英国のウィンストン・チャーチル前首相が米ミズーリ州フルトンで行った「バルト海からアドリア海まで鉄のカーテンが引かれている」と警 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。