共同通信が非常事態!

2006年7月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

 テレビ局の「共同通信離れ」がますます加速しそうな雲行きだ。3月末、日本テレビが共同通信社からのニュース配信契約を打ち切ったのに続き、フジテレビとテレビ朝日も「半年間程度の暫定的な配信停止」を検討していることがわかった。 また、TBS系列の複数の地方局も配信契約を切っていたことが判明。国内通信社の雄と言われた共同の影響力が、このところ急速に低下し始めている。 民放関係者の話によると、日本テレビが契約解除に踏み切った背景には、視聴率の低迷による減収減益決算の下で、番組制作費を大幅に圧縮せざるをえないといった事情があった。だが、共同通信社は「新契約体系」と称して、逆に契約料の大幅な引き上げを提案。これが日テレの逆鱗に触れたらしい。 共同は慌てて新方式を撤回したが、これがかえって民放他社の不信感を募らせた。さらに、日テレ幹部が5月、「契約解除によ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。