中日韓ビジネス深まる「三角連携」

「研究開発は日本」「資本は日韓」「組み立ては中国」が基本方程式に。

2006年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 5月以降、中国の対日世論は好転の兆しを見せ、韓国でも5月末に地方選で与党が大敗してから対日世論が変わり始めた。中日韓の3国間の政治的なギクシャクはすぐに解けないにしても、経済では中日韓ビジネスの三角連携がより緊密化していくだろう。その流れはもはや後戻りできない地点まで来ており、いずれは政治的な対立も乗り越えるようになると期待できそうだ。 現在、東アジアでは国境を越えた連携(アライアンス)が数多くみられるようになった。巨額投資が必要だと、日本企業は韓国企業と手を組む。技術優位が圧倒的である場合、組み立てなどの手間のかかる工程は中国に持っていく。それが中日韓の“分業”の基本方程式である。 好例が富士ゼロックスだろう。研究開発は日本、主要部品の製造は韓国、組み立ては中国で行うというはっきりした分業体制をとっている。同社の吉田晴彦専務執行役員はパ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。