大和証券グループ本社会長 原 良也氏

証券市場はまだ不備優遇税制ぜひ継続を

2006年7月号 BUSINESS [ィンタビュー]

  • はてなブックマークに追加

 ――このところ、不安定な株式相場が続いています。 原 原因は、会計監査への不信などいろいろありますが、大きいのは新興企業株への疑念でしょう。ライブドア事件以降、そうした企業の経営実態がわかりにくいという疑念が投資家に高まりました。デイトレーダーなどネット取引は短期売買が中心で、株数が少なくて値動きが大きい新興企業株に集中しやすい。そういう企業の業績が思うほど上向かず、売りが先行しました。 ――新しい投資家は下げ相場の経験が乏しく、風向きがちょっと変わると狼狽してしまう。そんな脆弱さに、懸念はありませんか。 原 いや、ないわけではありません。ただ、ここ1カ月の株価調整の理由は、企業業績の動向です。昨年は平均株価が4割も上がりましたが、実は昨年度の上場企業の最終利益も40%余り伸びている。株価には先行性があり、業績を先取りして上がったわけです。と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。