三洋電機――前代未聞の「おままごと」経営

「お飾り」野中と井植ジュニアが続投。取締役会は揉め事ばかり。ゴールドマンら大株主が愛想を尽かしかねない。

2006年7月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

 5月18日に開かれた三洋電機の2005年度決算発表は間が抜けていた。通常、記者会見は開始直前に発表者が姿を現し、おもむろに始まる。しかしこの日、社長の井植敏雅(43)と副社長の前田孝一(58)は経営再建への意欲の表れか10分も前に着席し、報道陣としばらく無言で向き合うことになった。 午後3時。司会者が「決算発表を始めます」と沈黙を破った途端、喜劇が起こった。配布される決算短信が記者の手元に届かず、会見を中断せざるを得なくなったのだ。原因はコピーが間に合わなかったという事務方のチョンボ。前田は席から立ち上がり、敏雅は席に着いたまま苦虫を噛み潰したような表情になった。結局、会見は10分遅れて始まった。 間が抜けている──。三洋には常にそんなイメージがつきまとう。その極め付きが、昨年4月の社長交代劇だろう。創業家の二代目で、20年以上にわたってトップに君臨して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。