地銀・第二地銀が大激動「1県1行」時代の幕開け

金融庁が淘汰行政を復活。次は「東北」が標的か。全国各地で嫁ぎ先探しの「お見合い」が始まった。

2006年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 地銀・第二地銀業界で「平成の大再編劇」が始まった。西日本シティ銀行(福岡市)による豊和銀行(大分市)救済で幕が開いた直後、危機感を抱いた福岡銀行(福岡市)が熊本ファミリー銀行(熊本市)との統合を決断した。しかし、この2件は単なるプロローグ。金融庁が目指すシナリオは戦前の「1県1行主義」、地銀淘汰行政の復活にほかならない。 九州の次は、東北で今秋にも再編劇が表面化するだろう。昨年4月のペイオフ(預金元本最高1千万円と利子を保証する措置)全面解禁から1年が経ち、金融庁は不健全銀行に「執行猶予」の期間終了を密かに通告していた。年初から豊和銀の立ち入り検査に入り、融資案件を1本ずつ査定した結果、8%を超えていた自己資本比率が最低基準の4%を大幅に下回り、2・2%まで低下していたことが判明した。査定がもっと厳しければ、債務超過→ペイオフ第1号の危機に直面す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。