福井 威夫氏 ホンダ社長

「管理経営」の閉塞に「夢」で反旗

2006年7月号 連載 [経営者のひきだし 第3回]

  • はてなブックマークに追加

「人は誰一人として、自分をあきらめてはいけない」 ホンダの創業者・本田宗一郎さんは、研究開発の壁にぶつかった社員たちを、そう言って励ました。「こんなものをつくろう」「こんな会社にしたい」――常に「夢」を語り、その実現に向けて先頭に立った。 経営者たちがそんな夢を語らなくなって、何年もたつ。代わりに、事業のリストラや効率化など、管理型の経営目標ばかりを耳にする。「管理経営」は、かつて一世を風靡した「管理野球」と同様に、職場に閉塞感も生む。そこに気づいている経営者は、少ない。 そんななか、「夢」を語り続けていると言えば、この人が際立つ。 福井威夫さん。 本田さんから続いて6代目のホンダの技術屋社長。その福井さんが、5月に開いた年央記者会見で、また「夢」への挑戦を披露した。 いわく、「シビック」で実用化しているハイブリッドエンジンを小型化し、1000 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。