販売不振のイトーヨーカ堂カリスマ藤巻もお払い箱?

2006年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 そごうと西武百貨店を運営するミレニアムリテイリングを6月1日に傘下におさめ、日本最大の流通コングロマリットになったセブン&アイ。その最大の懸案が、中核であるイトーヨーカ堂における衣料の販売不振だ。 2月からは既存のプライベート.ブランドを統廃合、「pbi」として再出発したものの、これも難航している。一連の改革策の指揮をとったのは、衣料事業部長の藤巻幸夫取締役。伊勢丹のカリスマバイヤーとして名をはせ、靴下メーカー「福助」社長からヨーカ堂にスカウトされた人物だ。ヨーカ堂のブランドイメージを百貨店なみにしたいという鈴木敏文セブン&アイ会長の意向を受け、商品の抜本的な見直しを進めてきた。 だが、古手のヨーカ堂幹部との軋轢は大きく、怪文書まで飛び交う始末。昨年暮れに藤巻氏は療養休暇をとったが、「社内では孤立無援の状況で、心因性のものだったとの見方が強 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。