「奥田拡大路線」に綻びトラブル多発のトヨタ

2006年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 トヨタ自動車の実力者である奥田碩氏が6月の株主総会で経営の第一線から退くが、同氏が推進してきた拡大路線に綻びが目立ち始めている。事業の急拡大に管理能力が追いつかず、トラブルが多発しているのだ。 トヨタは5月30日、「カローラ」など9車種56万台を対象とした、ハンドルの不具合によるリコールを国土交通省に届け出た。4月には看板ブランドの「レクサス」で1万台を超えるリコールも出した。このペースだと過去最悪のリコール数を記録しそうだ。 コスト削減のための部品の共通化などが大量リコールの原因。「事業拡大で技術陣も慢性的な人材不足に悩まされており、設計上の単純なミスに気づかなくなっている」と部品メーカー幹部はいう。さらに、グループ企業も含めて死亡労災事故も多発傾向にある。 6月の株主総会後の役員人事でも、こうした綻びへの対応として品質・安全を専任で担当する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。