航空業界の度肝を抜く全日空「トリプル7構想」

2006年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 実力派・大橋洋治会長の大号令の下、全日空が10年後を視野に業界の度肝を抜くトリプル7構想を策定した。その中核をなすのが国際線の売り上げ拡大で、現在の3倍増の7千億円。その核心は、欧米を中心とした航空会社の買収である。お荷物化しつつあるホテルチェーン経営をインターコンチグループに任せる決断を下したのも、その路線上にある。 焦点となるM&Aについては、数年前に米大手航空会社の買収に着手したが、当時は時期尚早の感があり、監督官庁の理解を得られず見送った。「今回は万全の体制を敷いており、(大橋会長は)何とか実現に漕ぎ着けたい意向」と幹部はいう。 このほか、現在1千億円程度にとどまる貨物に傾注し、将来的には売上高7千億円をめざす。一方、国内線の伸びは望めず、現状維持の7千億円程度と見込んでおり、この三つの「7」をあわせて「777(トリプルセブン)」構想と呼ん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。