外国人持ち株比率が50%超ソニーが政治献金を中止

2006年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 ソニーは3月末の外国人持ち株比率が50・1%と過半数を超えたため、政治献金を中止する方針を固めた。ただし、政治資金規正法が改正され、外国人持ち株比率が50%を超えても献金できるようになれば、他社の動向をみながら再開する。ソニーは毎年、2500万~3000万円の政治献金を行っており、トヨタ自動車、ホンダ、三菱重工業などに次ぐ大口となっている。 昨秋から業績回復が鮮明になってきたソニーの株を外国人が買い進み、遂に50%を突破した。事実上、政治献金の斡旋を再開した日本経団連は、外国人持ち株比率が50%を超えるキヤノンが、会長会社でありながら献金できない状況が続いている。 経団連は「外国人買いが続けば、主要会員企業の中から献金できないところが新たに出てくる」として政治資金規正法の改正を求めている。これを受けた自民党は「日本に本社があり、事業活動を日本で行ってい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。