「ホリエモン無罪」も有り得る

明らかな粉飾は15億円だけ。弁護側は無理な捜査の綻びを衝く。

2006年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 東京地検特捜部によるライブドア強制捜査の衝撃から約5カ月。今度は村上ファンドの村上世彰代表(46)がライブドアの堀江貴文前社長(33)らと同じ証券取引法違反の疑いで逮捕された。 最近は政官界ではなく、「出る杭」の若手企業家らを標的にする姿勢がより鮮明になった。しかし、株式市場でのルール違反という彼らの罪状は、どれほど悪質なのか。捜査に無理はなかったか。5月26日から始まったライブドア事件の裁判では、早くも綻びが浮かび上がり、村上代表の逮捕も、首を傾げる専門家が少なくない。 ライブドア事件で裁判が始まったのは、公判前整理手続きが適用された堀江氏を除く、宮内亮治元取締役(38)や熊谷史人元代表取締役(28)ら6人の被告。起訴事実は約3億円の経常赤字だったライブドアの2004年9月期連結決算を約50億円の経常黒字に粉飾し、虚偽を記載した有価証券報告書を関東財務 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。