編集後記

2006年6月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 どういうわけか、最近、知人が相次いで食道がんに倒れた。大学時代の友人は4月に難しい切除手術を受けた。「おかげさまでなんとか生還できました。術後の回復も順調」という退院のメールが届いて、ひとまず安堵した。まだ声が出ないらしく、あとは快癒を祈るほかない。 ▼古巣の日本経済新聞で世話になった竹谷俊雄元専務も、食道がんで逝ったという訃報が届いた。ほうっ、ほうっ、ほうというあの独特の笑い声が、どこかで聞こえるような空耳。こちらがとんがって「ダラ幹」などと憎まれ口をたたいても、あの鷹揚な笑いで受け流していたのが懐かしい。弔辞で耳に残った「塚も動け」の言葉は、本誌コラム「硯の海」初回でも引用された芭蕉の名句である。 ▼「ひとつの人生」(89ページ)の元「天声人語」子、小池民男氏も、食道がんで逝った一人である。六本木のバーで何度か隣り合わせた。新聞記者気 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。