ライブドア捜査の延長戦?村上ファンド「疑惑」

2006年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 堀江貴文被告(33)が保釈されたのに合わせて、大手新聞はライブドア事件の捜査終結を報じたが、「前取締役の宮内亮治被告らは大型連休中も東京地検特捜部に呼ばれ事情聴取を受けた。聴かれたのは、昨年2月にライブドアがニッポン放送株を大量取得した経緯。村上ファンドの村上世彰氏がどう関わったかが中心だった」と関係者の一人は打ち明ける。 当時ニッポン放送はフジサンケイグループ内で小規模なラジオ局にもかかわらず、グループの持ち株会社の役割を果たし、中核企業のフジテレビの筆頭株主だったことから、村上ファンドや外資系投資会社、さらにライブドアなどがニッポン放送株に群がった。 しかし、村上ファンドはライブドアによる大量取得が発表され、ニッポン放送の株価が高騰した際、それまで買い集めた株の大部分を売り抜けたといわれる。ライブドア関係者は「テレビ局支配に野心を燃 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。