ソフトバンクの「福岡シフト」「震災リスク」回避の狙い

2006年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 ソフトバンクが発祥の地、孫正義社長の故郷でもある福岡県へのシフトが目立っている。一昨年末に福岡が本拠地のプロ野球チーム「ホークス」を買収。これに続いて今年6月には「yahoo! BB」ネットワークの監視・運用センターを北九州市内に開設する。さらに来年4月には福岡市内にソフトバンクグループが中心となって、全講義をインターネットで行う「日本サイバー大学(仮称)」を開校する。 ソフトバンクのこれほどの「福岡集中」はなにゆえか。ホークスについては、ホームグラウンドが福岡にあり、孫オーナーに選択肢はなかった。 しかし、ブロードバンドの監視・運用センターは銀行のシステムセンターと同様のバックヤード施設。すでに東京都内にセンターがあり、「有事に備えて予備を大阪以西に置く必要があった」とソフトバンク側は説明するが、福岡に設置しなければならない理由は見当たらない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。