「16年五輪」に東京立候補慎太郎「三選」の布石か

2006年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 2016年の夏季五輪招致をめざす東京都が4月28日、日本オリンピック委員会(JOC)に立候補表明書を提出した。石原慎太郎都知事(73)は、競技場など主要施設を臨海部都有地に建設する構想を発表し、「世界一コンパクトでお金もかからない」とアピール。「地方の時代」「東アジアの融和」を掲げて、すでに立候補している福岡市と一騎打ちになる。両都市は6月末に開催計画書を提出し、8月末にJOC理事らの投票で国内候補が決まる。 石原氏が東京招致をぶち上げたのは、来年4月の都知事選出馬の布石との見方がもっぱら。大手新聞のインターネット調査でも、日本への五輪招致を賛成する人が7割を超え、福岡より東京の人気が高かった。「五輪招致は格好の話題づくり。『石原三選』の大義名分にもなる」(都議会関係者)。五輪国内候補の東京決定で弾みをつけ、来年2月の「東京大マラソン」の直後に出馬表明す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。