「竹島」で拳ふりあげた盧武鉉の虚勢

政権末期の冒険主義。「実利では不利」と知ってトーンダウン。

2006年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「独島(トクト)は我が領土だ。特別な歴史的意味を持つ我が領土だ。日本が韓半島侵奪の過程で、日露戦争の遂行を目的に編入した。日本が独島に対する権利を主張するのは、植民地の領土権を主張することだ」 4月25日、竹島(韓国名・独島)問題をめぐって、韓国の盧武鉉(ノムヒョン)大統領は強硬な対日姿勢に満ちた「特別談話」を発表した。台頭する韓国ナショナリズムが背景にあるが、その内実は危ういものである。 この特別談話に対し、麻生太郎外相は衆院外務委員会の答弁で「竹島の話は領有権の問題で、歴史の話ではない」と反駁した。 日本のメディアも「読売など保守性向の新聞はもちろん、韓国に友好的な論調の朝日・毎日も背を向けた」(中央日報)と韓国紙が評するほど総スカンの反応を見せた。朝日社説は「日本も領有権を主張する根拠を持っている。そこを混同し、誤解されては心外であ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。